トイレのしつけの基本(本能を理解して)

2011 / 07

子犬の時代、「おしっこ・ウンチ」の排泄が頻繁なため、飼主さん達は結構頭を悩ませていると思います。
今回は、犬の本能とトイレのトレーニング法について触れてみたいと思います。

きれい好き

ワンちゃんは、もともと汚れることが大嫌い。そのため、自分の寝床など居場所には排泄したがりません。
→別の場所に連れて行くと排泄をします。

タイミング

排泄は、何かした後・寝た後・食べた後・遊んだ後などに便意を催します。→このタイミングで、トイレに連れて行きましょう。

暗がりで休む

暗がりは本能的に休む場所にします→「屋根付きのケージ」をベッドとして利用し、その周りをトイレにすると有効です。

おやつを使う

トイレの場所を早く覚えてもらうには、おやつを利用しましょう。→おやつで誘導し「自らトイレに向かう」練習は有効です。

現行犯で

誤って粗相した→現行犯で叱らなければ効果はありません。

嬉しいことは記憶に残りやすい

トイレが上手くできた→大げさに褒めてあげましょう。おやつもOKです。
子犬の成長するに従って排泄回数は減ってきますので、失敗してもめげずに根気で接していきましょう。


category: トイレ,