発作(ふるえ)を起こした~てんかん!?~

2017 / 01

「てんかん」は猫にはめずらしい病気ですが、犬では多く見られます。発作イコール「てんかん」なのでしょうか?今回は「発作」についてふれてみたいと思います。

発作とは

脳の神経トラブルにより異常信号が広がり「発作」が起こります。手足など身体の一部が震える程度のものから、意識を失い全身が大きく震える「つっぱる痙攣(けいれん)」まで、さまざまな発作があります。
※今回は、緊張・寒さ・痛み・逆くしゃみなどから起こる発作(震え)は除外します。

発作のおもな原因として

  • 内臓系:「有害物質」「低血糖」「低カルシウム」
  • 心臓系:血液を脳に送れず、脳が低酸素・栄養不足になる
  • 脳が原因:先天性な異常・脳の外傷・脳腫瘍・脳炎・血管系の異常
  • 中毒:殺虫剤・チョコレート・観葉植物・キシリトール・薬品類の誤食

「てんかん」とは

発作を起こしても上記のような原因からではなく、脳の構造や成分に異常がみつからない場合、「てんかん(特発性てんかん)」と診断されます。

発作を起こしたら

強い発作を起こした場合には、むやみに手を出すことは危険です!落ち着くまで少し待機しましょう。できれば発作中の動画や特徴を記録していただくと今後の診断に役立ちます。

長く続く発作は・・・

強い発作を起こしても数分で落ち着くことが多いです、ただ、10分以上続く発作は、脳は重大なダメージを受けて「後遺障害」や「突然死」に至ることがありますので緊急的処置が必要です。


category: その他の病, ,