予防シーズンを前に~Part.2~

2018 / 05

3月の「Part.1」に引き続き「フィラリア症」について情報提供していきます。

感染状態を調べる方法

  • 成虫抗原検出キット:専用キットに血液をたらして短時間で調べられます。
    ※成虫すべてが「オス」の場合には陰性反応が出る可能性があります。
  • ミクロフィラリア検出:フィラリアの仔虫を顕微鏡で見つけます。
    ※時間帯や集め方などで見つからない可能性があります。
  • 心エコー検査:超音波装置で心臓内のフィラリアを見つけます。
    ※抗原検査陰性でもフィラリア感染が疑われる際に実施します。

予防する方法

予防薬の副作用を防止するために、上記検査で「陰性」を確認してから処方されます。

  • 内服薬:錠剤・味付けした薬・粉薬が選べます。
  • 注射:一度で1シーズンの効果があります。
  • 液体薬:首から背中に液体薬を垂らします。

感染陽性だった場合には

感染によるダメージが重症かどうかで以下の方法が選択されます。

  • 成虫駆除薬:腰の筋肉に注射して成虫を駆除します。
    ※成虫が一気に死滅すると強い副作用が出る可能性があります。
    ※駆除薬は国内での販売は中止されています。
  • 摘出手術:首の血管から専用管子等を入れて摘出します。
    ※重症度の高い症例で、一か八かという賭けで行います。
  • 温存:長期の投薬中心で駆除は行いません。
    ※上記の治療法が困難な場合など

猫にも感染

温暖化で蚊から感染を受ける頻度も増しています。
猫たちにも感染し、少数の感染でさえも重症化や突然死する可能性があります。
猫専用のフィラリア予防薬が利用できます。


category: フィラリア, ,