耳からくる神経の異常

2012 / 07

外耳炎をそのまま放置したり悪化させると、「神経の異常」をひき起こすことがあります。

耳の構造(外側から順番に)

  • 外耳:耳の穴に例えられている部分です。
  • 中耳:鼓膜がある部分で、聴覚に関係します。
  • 内耳:三半規管・渦牛管など平衡感覚などに関係する器官があります。

中耳炎になると…

中耳付近には、脳を結ぶ神経があります。そのため、中耳炎になると「神経の症状」が現れることがあります。

中耳炎で多くみられる神経の症状

  • 口や瞼(まぶた)が動きにくくなる(左・右の片側に現れる事が多い)
  • 瞬膜が出たままになる
  • 目が乾く
  • よだれが出る…

内耳炎になると…

内耳にも、脳を結ぶ多くの神経が近くに通っています。内耳炎でも以下のような「神経症状」が現れることがあります。

内耳炎でみられる症状

  • 眼球が左右・上下に勝手に動く(めまい)
  • 頭部を一方向に傾ける(斜頚)
  • 同じ方向に円を描くようにクルクル回る
  • 嘔吐する
  • 食欲がない…

注意する点

耳から来る神経の症状であるのに、耳には何ら問題がない場合には、脳腫瘍など別の病気が隠れている可能性もあります。必要に応じて、CTやMRIなどで精査する必要があります。


category: , ,