動物の脱水~Part.1~

2012 / 08

本格的な夏を迎えました。「脱水症状」にならないよう注意しましょう!毎日のように喚起されています。そこで、今回は「犬・猫の脱水」を中心に触れてみたいと思います。

脱水は「水分」の不足だけではない!

汗には、「水分」のみならずナトリウムなどの「電解質成分」が含まれています。大量の汗をかくことは「水」および「電解質」の双方が体から失われることになります。また、水分や塩分の「摂取不足」からも脱水が起こります。

犬・猫たちの「汗」

犬・猫には、汗(水状の)を作る「汗腺」がほとんど発達していません。そのため、人のように体内に蓄積された「熱」を効率よく汗とともに逃がすということができません。かわりに、呼吸を速めて(非効率な発散方法)で逃がすしかありません。

犬・猫たちの「脱水」とは

人のように「発汗」が続いた結果、脱水状態になるというより、

  1. 必要量の水が飲めなかった
  2. 食欲不振の状態から水分や電解質が取れなかった
  3. 下痢や嘔吐が続いた
  4. 多尿になるような病気にかかった
  5. 熱中症にかかった

などが脱水の主な原因となります。


category: 熱中症, ,