予防シーズンを前に~Part.1~

2018 / 03

今回からは予防シーズンを前に「犬フィラリア症」についてふれてみたいと思います。

犬フィラリアとは?

  • 犬たちを宿主とする長細い寄生虫
  • 右側の心臓や肺動脈を好んで寄生
  • メスで太さ1.5mm×30cm(最大)
  • オスで太さ1mm×20cm(最大)
  • 蚊が媒介して、感染犬から他の犬たちに虫を移します。
  • 蚊の吸血時に幼虫が乗り移り侵入します。
  • 犬の体内で移動・脱皮しながら約3カ月で心臓へ到達
  • 侵入約6カ月で成虫になり、幼虫を出産して蚊に吸血されるまで待機(数年間は待機可能)

寄生初期では気づかない

病気が徐々に進行しているものの、初期段階においては虫の寄生による被害は小さく、特段の症状は起きません。

そのまま寄生が続くと

虫の寄生による、または、異物等に対する生態反応によって、血液循環の悪化やうっ滞・高血圧になるために以下のような症状がおきます。

  • 喘息様の咳
  • ゼーゼー息切れ
  • 筋肉が痩せて骨ばってくる
  • 腹水が貯まりお腹が腫れてくる
  • 失神して一瞬気を失う
  • 膀胱炎とは違う血尿
  • 好きだった運動を嫌がる

category: フィラリア,