ねずみ算を超える「ノミ算」!?

2004 / 09

残暑厳しい今年の夏、虫だけでなく「ノミ」も活発に活動中です。
動物に寄生するノミのほとんどは「ネコノミ」という種類で、名前のとおり、おもに猫に寄生しますが、犬や人間などにも寄生します。
ノミは、自然に寄生することはなく、外出をきっかけに持ち込んだり、窓など家の入り口から侵入することもあります。
いずれにせよ、「外出ネコ」が多い地域にノミの寄生が多くみられます。

脅威 ノミの繁殖力!

家に侵入したノミは、1日に数十個、1生涯では数百個もの卵を産みます。
卵はカーペットやソファーといった生活環境の中で、卵→幼虫→さなぎ→成虫と生育。そのサイクルは夏場で約2週間ですから、短期間で爆発的にノミが増殖してしまう計算になります。
ノミは大変機敏に動き回りますので、1匹見つけたら10匹は寄生しているつもりでいてください。

死にいたるケースも!

以前、衰弱したネコちゃんが来院。診察したところ、沢山のノミが寄生しており、ノミの吸血による重度の貧血が衰弱の原因でした。
こういった場合、治療の甲斐なく残念ながら死に至るケースもあります。また人間が吸血されると、足元中心に強い湿疹ができます。

ノミを捕まえたら…

絶対に指で潰さないでください。少量の洗剤を入れた水に入れればすぐに死滅します。
ノミがお腹に沢山の卵を抱えている場合、指で潰すと、卵を周囲に撒き散らしてしまう可能性がありますので注意しましょう。
また一番簡単で持続的な対策は、最寄の病院で相談し、ノミ取りの駆除剤をペットに滴下したり、幼虫阻害剤を飲ませたり注射することです。
ペットたちと快適な生活を送るためにも、ノミ対策をお忘れなく!


category: ノミ,