繰り返す乳腺の腫れ

2020 / 03

妊娠すると母乳を作る準備として乳腺が大きく腫れますが、犬は妊娠の有無に関係なく乳腺が腫れる(偽妊娠)が起こる場合があります。今回は犬の偽妊娠を中心にふれてみたいと思います。

犬の偽妊娠の特徴

発情の回数が少なく(年に2回ほど)、黄体ホルモンが長く分泌される(約2か月)ため、犬は偽妊娠が起きやすいとされています。

  • 多くは乳腺が腫れる程度ですむ
  • おおよそ2か月間続く
  • 病気ではなく正常な反応である
  • 巣作り等、子育て行為が起こる場合もある
  • おっぱいから透明の液体~白いミルクが出ることもある
  • 室内犬に多く起こるため、ストレス等の「精神的」な理由も考えられている

治療を要する偽妊娠とは

  • 乳汁の分泌が多く、生活に支障が生じる
  • 擦れて傷を作ってしまった
  • 乳腺に感染・炎症が起きた
  • 子育てして性格が変わった
  • おっぱいを舐めて偽妊娠を長引かせている

猫の偽妊娠

猫は「交尾の刺激」で排卵する動物ですので、交尾しない限り偽妊娠は起きません。また、犬のように乳腺も発達しません。猫の乳腺が発達した場合、別の疾患を疑う必要があります。

偽妊娠の対処法として

  • おっぱいを刺激しない
  • 子育ておもちゃを片付ける
  • 投薬治療を行う

最終的な対処法として、偽妊娠以外の時期に不妊手術を行うと、偽妊娠は起こらなくなります。


category: その他の病, ,