感染の種類について

2020 / 04

新型コロナウイルスの感染拡大により、緊急事態宣言が出され、外出を制限された毎日を送っていることと思います。今回は病原体の感染経路をまとめてみたいと思います。

病原体には

病原体の構造上の特徴から「細菌」・「ウイルス」・「真菌(カビ)」および「寄生虫」の4つに分類されます。

垂直と水平のタイプがある

大きく「垂直」および「水平」2通りの感染経路に分けられます。

垂直感染

妊娠中または出産の際に、胎盤経由ないし産道経由で病原体を感染させます。
犬や猫たちでは「回虫」・「鉤虫」・「猫の免疫不全ウイルス」・「猫白血病」・「猫コロナウイルス」等が垂直感染することが知られています。

水平感染

4つの感染経路があります。

  • 接触感染:身体もしくは物体についた病原体をさわって感染
  • 飛沫感染:くしゃみ・咳・便・尿などの飛沫(しぶき)を吸い込んで感染
  • 空気感染:空気中に漂う病原体を吸い込んで感染
  • 媒介感染:蚊・ゴキブリ・ねずみ・ダニ等を介しての感染、病原体に汚染された食品や水を摂取しての感染

新型コロナウイルスは

現状では「接触感染」と「飛沫感染」により広がるとされています。
コロナウイルスは皮膚から侵入することはなく「口」「鼻」および「目」にある「粘膜」から侵入します。
感染防止策として「3密」が呼びかけられています。密集・密閉・密室を避けましょう。


category: その他の病, ,